症状や治療法を解説。

更年期障害は、加齢などによりホルモンが減少する事が原因で発病します。
代表的な症状は、イライラした気分になったり、頭痛やめまいなどがあり、時には、うつに発展することもあります。
更年期障害のチェック表を作成しましたので、参考までに試して見て下さい。他にも治療法などの情報を提供していますが、最終的な判断は医師の方に確認して下さい。

更年期障害の症状とは?

一般的に更年期障害は、「身体的な症状」と「精神的な症状」が現われます。
又、多くの症状が同時に発症する為に、不快な思いをする事が多いのも特徴です。

下記に、症状をまとめておきましたので、参考にして下さい。

各症状の詳しい解説は、こちらを参照して下さい。

更年期障害の最大原因は、女性ホルモンの減少。

女性ホルモンは、下記の大事な役割を担っていますので、減少する事で様々な不調を招き、結果的に更年期障害が発症するのです。

では、なぜ女性ホルモンが減少するのでしょうか?

これは、閉経が近づくにつれ、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少するためです。
つまり、程度の差はありますが、女性であれば誰でも迎える体の変化なのです。

また、『几帳面で責任感が強い性格』や『ストレスを受けやすい職場環境』の方は、更年期障害の精神的な症状が、より現われやすいので注意が必要です。

家庭での対策法について。

症状が軽症の場合には、『食生活の改善』や『ストレスの解消』などを心掛けることで、症状の緩和が期待できます。

特に、ビタミンEは、ホルモンバランスを整える作用が高いので、食事などから、しっかり摂取することが重要です。

ビタミンEの効率的な摂取の仕方はこちらをご覧下さい。

病院での治療法について。

病院での治療方法としては、症状に合わせて「ホルモン補充療法」、「漢方薬」「精神安定剤」などの薬の使用、「心理療法」を行うことになります。

ホルモン補充療法は、更年期に減少する女性ホルモンを補充することで、辛い更年期の症状を和らげる療法ですが、不正出血や頭痛、嘔吐やむくみなどの症状が現れる場合もあり、リスクが高いと言われています。
また、乳がんや子宮がんなどの方や術後の方、肝機能障害や高血圧などの方は、ホルモン補充が禁忌とされています。

漢方薬を使用した治療法では、効果が現れるまで時間がかかりますが、比較的副作用も少なくため、ホルモン治療が行えない方に多く用いられます。

更年期障害をチェック!!

更年期障害の目安として、チェックシートを作成しましたので、セルフチェックの際にご利用下さい。

更年期の女性だけの病気ではありません。

更年期障害とは、これまでは閉経を向かえた女性のホルモンが急激に減少することで起こる、身体的・精神的な不調を指していました。

しかし、最近では、若い方や男性など、性別や年齢に関わらず起こる病気となっており、生活習慣病と言われることもあります。

若年性更年期障害
20〜30歳代で無理なダイエットや過度のストレスなどにより、更年期障害の症状が起こることを若年性更年期障害と言います。
男性更年期障害
男性ホルモン「テストステロン」の減少により、男性に更年期障害と同じような症状が起こることを男性更年期障害と言います。

注意事項!

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

又、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

リンク集

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 http://www.e-kounenkisyougai.com/. All Rights Reserved.