若年性更年期障害の症状やチェック法を解説。

更年期を迎える前の女性に起こる若年性更年期障害は、更年期障害と似た症状を引き起こします。
重症の際には、自分でチェックせず、病院で受診をお奨めします。

若年性更年期障害とは?

20〜30歳代で更年期障害の症状が起こることを「若年性更年期障害」といいます。

一般的には、40歳代後半から始まることが多いと言われている更年期障害ですが、不規則な生活や食生活の乱れ、無理なダイエットや過度のストレスなどによりホルモンバランスが乱れ、若年性更年期障害を招くと言われています。

よく美容や健康で注目されている『ホルモンバランス』が、どれだけ心身に影響を及ぼしているのかを著しく現したのが若年性更年期障害といえるかもしれませんね。

※女性ホルモンについてはこちらをご覧下さい。

若年性更年期障害の症状とは?

更年期障害と良く似た症状ですが、若年性更年期障害は特に生理不順やストレス性の月経異常が多いと言われています。

その他の症状については、下記を参考にして下さい。

若年性更年期障害をチェック。

若年性更年期障害が起こる原因は様々ですが、チェック方法はいくつもあります。

チェック方法として一番簡単なのは、女性なら毎月起こるはずの生理が著しく遅れたり無かったりすること、つまり生理不順の確認です。

女性特有のこの現象は、若年性更年期障害を見抜くための最大のチェック方法と言えるのかもしれません。

自分のライフスタイルを見直すことも、大切なチェック方法です。
無理なダイエットをしている方は、食生活の乱れ・栄養のアンバランスが若年性更年期障害を引き起こす原因となることもあります。

また、日頃から自分の体調や精神状態をチェックすることで、予防につながることにもなります。

注意事項!

・本サイトの利用は、更年期障害のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 更年期障害. All Rights Reserved.