男性更年期障害の症状や治療法を解説。

男性更年期障害は、ホルモンバランスの乱れにより、男性ホルモンが減少し、更年期障害と同様の症状を引き起こす病気です。
症状が酷い際には、病院での診療を受け、漢方などの薬で治療が必要となる場合もあります。
男性更年期障害を予防するためにも、栄養が不足する場合はサプリなども利用しましょう。

男性更年期障害とは?

男性ホルモンである「テストステロン」の減少により、女性の更年期障害と同じような症状が起こることを「男性更年期障害」と言います。

一般的には、女性に多く見られる更年期障害ですが、近年、45〜65歳までの男性にも女性と同じように更年期障害があることが明らかとなり、注目を集めています。

男性ホルモンが減少している時期に、不規則な生活や食生活の乱れなど、特に過度のストレスによりホルモンバランスが大きく乱れ、男性更年期障害を招くと言われています。

※男性ホルモンの解説はこちらをご覧下さい。

男性更年期障害の症状とは?

更年期障害と良く似た症状ですが、とにかく疲労をうったえる方が多いようです。

特別な理由がある訳ではないのですが、日頃より強い疲労を感じ、疲労があるにもかかわらず眠りが浅いなど睡眠障害となる方もいらしゃいます。

また、性欲の減少など男性機能・勃起能力の低下もよく言われています。
その他の症状については、下記を参考にして下さい。

治療や対策について。

男性更年期障害も、女性の更年期障害と同様に、予防や症状が軽症の場合には、生活習慣の改善や食生活を正しくすることで、予防や緩和に期待できます。

重症になると、病院での診療が必要となり、治療の際に一般的に有効とされているのは、男性ホルモン補充療法です。

ホルモン療法は、前立腺がんや前立腺肥大症の進行を早める恐れがあるため、これらの症状の無い方が対象となります。
また、副作用として、精子の減少や多血症、肝機能障害や睡眠中無呼吸症候群 (SAS)のリスクを高める場合があります。

また、薬を使用する際には、「漢方薬」「精神安定剤」の他に、バイアグラなどの「勃起不全(ED)治療薬」を使用する場合があります。
これは、男性更年期障害の方が、勃起障害を合併することが多いからです。

サプリメントを利用し、テストステロンの生成に大事な栄養素を摂ることも有効だと言われています。

心血管疾患のリスクが高まる!

40代を境に急増している男性の更年期障害ですが、高齢男性における男性ホルモンの欠乏は心血管疾患の危険因子となることが明らかになっています。
さらに、血液中のテストステロンの減少が高齢男性の脳梗塞と関係することが報告されています。

また、テストステロンの減少によって神経機能にも変化が表れます。
高齢者ではうつ病患者や認知症患者も増加しており、いらいら感、不眠、うつ症状などの一部は、加齢によるテストステロンの減少で起こる可能性があると考えられていますので、より一層、更年期障害への予防が重要と考えられています。

注意事項!

・本サイトの利用は、更年期障害のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 更年期障害. All Rights Reserved.